50代:失敗しないファッション通販サイト2021-2022

 

50代前半から半ばの年代で、使えるファッション通販サイト2021-2022年版をまとめました。

私は最近、買わなくてもいい服はレンタルを利用しているので、ここでは”買いたい服”を扱っているサイトに絞り込んでいます。

 

トゥモローランド

おしゃれ好きでトレンドに敏感な大人女性におすすめ

 

テイスト:トレンド/カジュアル

サイズ展開:9号〜フリーサイズ(実寸は細めが多い)

サイズ表記:△(あまり詳しくない)

モデル写真:正面/真後ろ/真横ほか(コーディネート例の写真あり)

モデル:日本人ではない(モデルのサイズ表記なし)

検索カテゴリ:ブランド/通常・セール

 

色柄やデザインにインパクトがあり、着こなすのにテクニックがいりそうなアイテムが多め。

サイズ表記は9号と書かれたものが多いです。身幅を見るとSサイズに該当しそうなものから、フリーサイズまでありますが、基本的にはMサイズまでの人をターゲットにしているのかなという印象です。

痩せ型で、なおかつ自分に似合うものがわかっている方なら失敗しないと思います。あるミセス服のベテラン販売員さん(60代)はトゥモローランドのタイムセールを常にチェックしているそうで、特にコートなどアウターがおすすめとのことです。

ただ通販サイトとしては、サイズ表記がざっくりしているなど、情報量や機能性は改善の余地がかなりあると思います。

 

ベイクルーズ

ここ数年は若者向けにシフトしているが、NOBLEなど50代でも若作りになりにくいアイテムを含むブランドも

テイスト:トレンド/カジュアル/オフィスカジュアル

サイズ展開:S〜フリーサイズ

サイズ表記:◎

モデル写真:正面/真後ろ/真横ほか

モデル:細めの日本人(モデルのサイズ表記あり)

検索カテゴリ:ブランド/サイズ/色/価格帯ほか

 

サイズ表記や商品説明がていねい。試着できない代わりに情報が細かく記載されているので、失敗しにくいと思います。検索もしやすいし、前に購入したアイテムとのサイズ比較が自動で表示されるしくみも秀逸です。

シルエットのきれいなパンツが多いので、定期的にチェックしています。

 

タカシマヤファッションスクエア

きれいめアイテムを探すときにおすすめ

テイスト:カジュアル/オフィスカジュアル/コンサバ

サイズ展開:XS〜XL

サイズ表記:◯

モデル写真:正面/真後ろ/真横ほか

モデル:細めの日本人だったり日本人でなかったり(モデルのサイズ表記あり)

検索カテゴリ:ブランド/サイズ/色/価格帯/入荷タイプほか

百貨店ブランドが一通り入っています。ただし、各ブランドの全アイテムを扱っているわけではなく、リアル店舗を大事にしていることがひしひし伝わってきます(当たり前ですね)。

無難なきれいめアイテムを探すときに助かっています。

ちなみに”タカシマヤオンライン”というサイトとは違います。間違えないように・・・。

 

三越伊勢丹オンラインストア

驚異的な取り扱い点数。好きなブランドが決まっている方におすすめ

 

テイスト:トレンド/カジュアル/オフィスカジュアル/コンサバ

サイズ展開:XXS〜8L

サイズ表記:△(アイテムによって詳しかったり、そうでなかったり)

モデル写真:正面/真後ろ/真横ほか

モデル:日本人だったり日本人でなかったり、女性だったり男性だったり(モデルのサイズ表記なし)

検索カテゴリ:ブランド/色/価格帯ほか

 

いろいろなサイズ、テイストのアイテムがあり、お手頃な価格から高価格帯まで、取り扱い点数が驚異的。とにかく探すのに体力がいります。

試しに「スカート」で表示してみると約2700点、なんと40ページ以上もあります!! これだけあるなら自分に合うものが絶対に見つかるだろうと思いつつ、若い人向けアイテムのほうが圧倒的に多いので、そこから見つけ出すのがたいへん。

色やブランド、価格帯などで絞り込んで検索しないと、購入に至る前に疲れて脱落してしまいます。

大人でも着られるアイテムが含まれているので、探しにくさが改善されたらぜひ利用したいサイトです。

 

通販で失敗しないコツ

 

□自分の顔つきや骨格、パーソナルイメージに適した色、形を把握しておく。

(人から「似合う」と言われる色や形を覚えておく)

□自分のサイズ(実寸)を測ってメモしておく。

□手持ちのアイテムでサイズ感が合っているアイテムのサイズを測ってメモしておく。

□素材、着丈など、掲載されている情報を細部まで確認する。

□真横や真後ろからの写真も必ずチェックする。

□購入した人のコメントがある場合は、必ず読む。

□色やサイズが想像と違った場合は面倒でも必ず返品交換する。

 

リアル店舗が近くにあるなら、ネットで気になったアイテムを試着しにいくのが無難ではあります。

 

「50代向け」といわれても利用しない通販サイト2021

 

以下は50代におすすめと書かれていることが多いのですが、個人的には利用していないサイトです。

 

ワールド、オンワード

かつてキャリア・ファッション、コンサバで人気のあったブランドが多い。しかし、コンサバすぎてトレンドからズレてしまった印象。コンサバにもトレンド感がないと、パッと見で違和感が出てしまうかと思います。

仕事用のアイテムを探すにしても、セレクトショップできれいめの服を探すほうが楽しいです。

 

ドゥクラッセ

どのアイテムもサイズがかなり大きい。大胆な切り替えや大きなボタンなど、独特のデザインは好みが分かれる。

品質はいまひとつ(リアル店舗で見ての感想)。

 

ディノス(ファッション部門)

トップスのサイズがかなり大きい。1アイテム1色しかないものが多く、選べない。

ダークな色、まっすぐなラインのアイテムなど、パーソナルイメージがクール系の人でないと似合わないアイテムが多い。

 

2020年代、ファッションレンタルの黄金期がやってくる!?

最近の重大トピックは大丸松坂屋によるAnother Adress(アナザーアドレス)の登場です。

レンタルには向かないと思われたハイファッションが月1万円程度でレンタルできるようになりました!

まさかファッションレンタルがここまで伸びてくるとは・・・!というのが2021年の雑感です。

レンタルなら、衝動買いで失敗した服がクローゼットに残る心配はありません。

試着して合わないと思ったら返せばいいし、欲しいと思えば買える。

このしくみには未曾有の伸び代があると感じています。