50代:”そげ胸”の問題。補正したい? したくない?

 

誰にでも起こる”そげ胸”。

補正したい? したくない?

 

ワコール公式サイト

胸ってやっぱり垂れちゃうの?ブラではじめるエイジングケア

 

体型の変化とともに問題になるのが”そげ胸”

バスト下垂は誰にでも起こるもので、避けて通ることはできません。

バストが大きい人ほど、バストトップの位置が下がることで、シャツやブラウスのシルエットに影響が出るようになってきます。

 

若いときのようなシルエットに戻したい場合、リンク先のワコールのサイトに出ているようなブラで補正することが可能です。

が、もともとバストが大きい人、上半身に厚みがある人は、そげ胸を補正したいと思わなかったりします。

できるだけ上半身にボリュームを出したくないからです。

 

たとえば、私のまわりの50代から上の友人知人に話を聞くと、「家の中でも外でもカップ付きのインナー(ブラトップ)を使っていて、ワイヤーブラはもう使っていない」という人がけっこういます。

体型が変化するとワイヤーの位置が合わないので、かえってシルエットが崩れてしまう、バストまわりに痛みを感じるようになる、ということもノンワイヤーを選ぶ理由の1つですが、「ブラで寄せて上げるのが嫌だ」とも。

 

たとえば下の画像でいうと、左のようなバストラインは目指しておらず、右のようになりたいわけです。

 

ニッセン

 

それならカップつきのトップスが正解なのか?

 

ユニクロ

ヒートテックブラトップ

 

カップつきのインナーやトップスは楽でいいのですが、画像を見てもわかるように、脇のサポートが弱いので、どんどん体型が緩んで円筒化が進んでいくような不安感があります(少なくとも私はあります)。

 

適度なサポート力のある

スポーツブラに注目

 

そこでワイヤーブラとブラトップの中間に位置づけられるものとして選択肢に入るのがスポーツブラです。

セクシー下着のようなデザインではないので、顔つきとの違和感を感じない。

また、ブラトップよりも伸縮性に優れた素材を使ったものが多いので、フィット感を得やすいという利点があります。

脇や背中まで広くサポートしてくれる、動いてもバストが揺れにくい、という安心感もあります。

 

ADIDAS

 

グンゼ

 

スポーツブラはサポート力の強さによって、ライトサポート/ミディアムサポート/ハイサポートがあり、ヨガ向けなどのライトサポートタイプは、ブラトップとあまり変わらないかもしれません。

強く締め付けず、なおかつバストのシルエットをややフラットに近づけたい場合は、ミディアムサポートが適していると思います。

 

ちなみにスポーツブラの代名詞、CW-Xはハイサポートに該当します。

 

ワコール

 

この商品は揺れを抑える力が強いので、バストが大きい場合は着用感もかなりきついのではないでしょうか。

以前、山歩き用としてCW-Xのスポーツレギンスを利用したことがありますが、食後が非常に苦しかったです・・・。

体脂肪の少ないアスリート体型の人以外は苦しいんじゃないですかね。

 

胸を小さく見せつつ

苦しくないブラを検索してみた

 

Amazon

"胸を小さく見せるスポーツブラ"

 

ジニエなどの補正ブラは”寄せて上げる”構造になっていますが、胸を小さく見せるブラはバストの高さと広がりを抑える構造になっています。

和服で使うサラシのような構造のものは、よりフラットなシルエットにしてくれますが、バストをつぶす状態になるので苦しくて1日過ごすのがつらいかもしれません。

 

なお、スポーツブラは肩紐がなく一体化しているので、長さ調節ができません。

バストの大きさに対して生地の伸縮が足りず引っ張られるようだと、肩こりの原因になってしまいます。

その場合は通常のブラより1サイズに上にすると肩こりしにくいと思います。

通販で購入する場合はサイズ選びに気をつけてください。

じっくり探せば、肩紐つきのものが見つかる場合もありますよ。

 

 

管理者プロフィール

 

Kamiyama

ライター/エディター
編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立。医療・健康分野を中心に取材活動、コピーライティングを続けた後、現在は文化系法人専属の編集者。また、さまざまな実用書のディレクションにも携わっています。