つむじが割れて地肌が見えます→ 寝ぐせは5分で直せます♪

つむじ割れは、年配の方に多い悩みの1つです。

原因は2つあります。

 

(1)年齢とともに、くせが出やすくなった(生えぐせ)。

 

(2)髪の量が減って地肌が透けやすくなった(薄毛)。

 

ですが、その前にいちばん大きな可能性として「寝ぐせ」というものがあります。

 

ウィッグサロンにいらっしゃる方には、「どうしてもつむじが割れちゃうのよ〜」とおっしゃる方が少なくありません。

薄毛が原因と思っている方も多いのですが、寝ぐせの可能性が高いです。

 

つむじは時計まわり(あるいは反時計まわり)に髪が生えているので、そもそも割れやすいのです。

 

つむじ割れを5分で直す方法

 

写真は私の寝起きの後頭部を撮ったものです(リアル写真です。演出ではありません)。

 

寝ぐせのように乾いた髪についたくせは、ブラシでとかすだけでは直りません。

そこで、次の手順で直します。

 

(1)つむじまわりの髪の根元を水で濡らす。

(2)温めたヘアアイロンでまっすぐにする。

 

これだけです。

根元からしっかり濡らせば、簡単に修正できます。

 

証拠写真。

上の状態から5分で修正したものです。

ヘアアイロンが最も時間がかからず手軽です。なければブラシとドライヤーを使って。

 

生えぐせは美容師さんに解決してもらう

 

濡れた髪をすぐにスタイリングしても割れてしまう場合は、生えぐせの可能性大。

自力で解決できない場合は美容院へ行って、生えぐせが出にくいカットをしてもらってください。

(「くせだからどうにもなりませんよ」と言われる場合は、サロンを変えたほうがよいです)

 

また、生えぐせが出にくい乾かし方も教えてもらってくださいね!

 

薄毛には専用のアイテムを活用

 

本当に髪そのものが少ない(薄毛の)場合は、いくつかの方法があります。

 

□今ある髪をパーマやカーラーで巻いてふんわりさせる。

私の祖母はこのようにしていましたが、完全に隠れるわけではないので「悲しい」「恥ずかしい」とよくぼやいていた記憶・・・。

 

□パウダータイプの薄毛隠し商品を使う。

髪の根元にしっかり色がつくタイプのものは、地肌が透けなくなります。

ウィッグサロンに見えたお客様(女性)で実際に使っているという方の頭を拝見したら、とても自然で全くわかりませんでした! ただ、帽子など触れるものに色がつくとのことでした。

 

□部分ウィッグを使う

今はウィッグの素材もかなり進化していて自然に見えるものもあるので、部分ウィッグを使ってみてはいかがでしょうか?

 

後頭部の割れ(地肌見え)は自分では気づかないことも多いので、外出する前に必ず合わせ鏡でチェックしてくださいね!!

 

私も前から見ただけで出かけようとして、家族に「後ろ割れてるよ」と指摘されて冷や汗が出そうになったことがあります。ひや〜!