ヘアカラー、白髪染め、マニキュア、トリートメント。どれがいい?

髪を染める方法には、ヘアカラー、白髪染め、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントがありますね。

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

■ヘアカラー


髪を脱色してから染めるため、色が長持ちする。

・髪や地肌に与える刺激が強い。

ヘアカラーを繰り返すと髪のダメージは深刻化します。

若いうちは「どんどん新しく生えてくるから大丈夫!」と思ってしまうのですが、年齢とともに生え変わりのサイクルが追いつかなくなり、パサつきが目立つようになります。

あまりにもダメージが進むと刺激で髪が切れやすくなるため、カラーもパーマも不可となってしまいます。

地肌にも刺激を与えるので、脱毛が気になる場合や地肌に湿疹などが出る場合は、ヘアカラーをやめたほうがいいかもしれません。

関連記事:ヘアカラーや白髪染めでかぶれや脱毛が起きました

 

また、ヘアカラーは「イメージした色に染まらなかった」というトラブルが少なくありません。

先日も、「仕事の都合であまり明るい色にできないと伝えたら、真っ黒に染められてショック!」という話を聞きました。

「明るい色」「暗い色」の捉え方は個人差が大きいので、色の見本を見せてもらいながら、事前によく確認したほうがよいですね。

 

■白髪染め

 

・生え際の髪まで短時間でしっかり染まる。

・色が長持ちする。

・長く使い続けると髪色が黒くなる。

美容師さんなら誰でも知っているようですが、ヘアカラーや白髪染めを繰り返すと髪が黒くなっていくそうです。

その原因は、短時間でしっかり染まるよう、茶系の染毛剤にも黒色の染料が含まれているからなのだそう。

私はヘアカラーの脱色で髪を傷めるのを避けたくて、今までずっと美容院で白髪染めをしていました。

レタッチには市販の白髪染めを使っていました。

色はダークブラウンにしているのですが、ウィッグサロンでお世話になっているベテラン美容師さんから「真っ黒。そこまで黒いと不自然よ」と言われてしまいました(下の写真)。

ですが、私は生まれつきかなり黒いほうだったので、黒く染まっていることを気にしていませんでした。

私と同じくらい髪が黒い男性がいたので、染めているのか聞いたところ、「染めたことはない。もともとこの黒さ」という返事だったので、日本人の髪色として不自然ではないと思います。

そもそも日本には古くから「濡羽色」(ぬればいろ=カラスの羽の色)という、美しい黒髪を表現するための言葉があったほどなのです。

現代では明るく染める人がひじょうに多いので、黒髪の人の黒さが目立つようになっただけではないでしょうか。

話がそれてしまいましたが、とにかく「白髪染めを続けると黒くなる」というのは事実のようです。

黒くなってしまった髪を明るくするには、やはりヘアカラーで明るく染めるか、退色を待つしかないそうです。

 

■ヘアマニキュア


・脱色せずに色をコーティングするため、ヘアカラーよりもダメージが少ない。

・白髪染めと違って、繰り返し染めても髪が黒くならない。

・ヘアカラーほど色がもたないので、こまめに染める必要がある。

白髪の場合はわざわざ脱色する必要がないため、「ヘアマニキュアにしている」という人も多いようです。

色もちはしにくいですが、ヘアカラーのように黒くなっていく心配もないそうです。

 

■ヘアカラートリートメント

・天然成分をメインに使っている商品は髪が傷みにくい。

・白髪染めと違って、繰り返し染めても髪が黒くならない。

・色もちしないので(どの商品もおおむね1週間)、毎日あるいは週1くらいのペースで使う必要がある。

・化学的に強い成分が入っていないので、ツンとする香りがない。

「できるだけ髪に与えるダメージを少なくしたい」という人が増えたのか、最近はヘアカラートリートメントの人気が高まっています。

以前は通販でしか買えないイメージでしたが、ニーズの高まりを受けて大手企業も発売し始め、ドラッグストアでも手軽に購入できるようになってきました。

ここまで増えると、どれがいいのか迷ってしまいますね。

楽天サイトでヘアカラートリートメントの口コミのページを見ると、ユーザーの評価が下のようにスコア化されているので、色もちなどを比較するのに役立ちそうです。

 

■”白髪染め”をやめてみた

 

私は今まで白髪染めとカラートリートメントを交互にしていましたが、白髪染めをやめて、カラートリートメントのみにしてみることにしました。

必要以上に髪を黒くしていた”白髪染め”が退色してくれれば、今より明るい髪色になるはずです。

私が使っている商品は生え際の細い髪が染まりにくいという難点がありますが、いわゆる「染毛剤」ではないので、しかたないかもしれません。

 

↓ヘアカラートリートメントのビフォー・アフター(ダークブラウンを使用)。生え際や耳の後ろなどの白髪が目立ちにくくなります。

  

 

シニア女性には「染め続けることに疲れてしまった」とおっしゃる方が多く、そのお気持ちもとてもよくわかります(現時点ですでに面倒だと感じているので)。

そこでウィッグを使い始める方も多く、「ちょっとゴミ捨てに出る時も帽子の代わりに使えていいのよ」という声も聞かれます。

そのくらい日常的にウィッグを使いこなせると、毎日が楽しそうですね!