自髪が少なくてもつけられる?

メーカーを問わず、ウィッグの多くはウィッグについているピンを自髪に留めて使うようになっています。
生え際などの自髪が少ない場合は、自髪の上にネットをつけてから、そのネットにウィッグのピンを留めて使います。
抗がん剤による脱毛で地肌にピンが当たると痛いような場合も、同じ方法で使います。

自髪が少ない場合のウィッグのつけ方

ネットをつけると自髪はすべて隠れてしまうので、パーツウィッグは使えません。
フルウィッグをお使いになってください。