自分の髪でウィッグを作りたい→残念ながら無理なのです

 

人毛をウィッグに使う場合、加工せずにそのまま使うことはありません。

キューティクルが残っていると絡んで使えなくなるので、まずキューティクルを剥がします。すると白っぽい毛になるので、着色して、タンパク質でコーティングしていくんです。

質のいい人毛(若くて健康な髪)でないと、このような加工に耐えられません。

 

安く販売されているウィッグのなかには、質の悪い人毛を加工せずにそのまま使っているものもあると思います。

新品の状態だと、目で見て判断することはできません。半年ほど使ったところで毛がひどく絡んでしまうようなものは、加工をしていない人毛が使われている可能性が高いと思います。

 

↑↑↑当サイト

ウィッグの製造・販売・卸 株式会社i-three様の取材記事

から抜粋

 

残念ながら、年齢を重ねて細く弱くなった髪を使ってウィッグを作るのは無理なのです。仮に自髪をそのままネットに植えたとしたら、どんどん傷んで劣化していきます。毛根から抜いてしまった以上、傷んでいない髪に生え変わることはないですから・・・。

 

自髪を使って自然な見た目にしたい場合は、抜けた髪をまだ生えている髪に結びつけるエクステンションという方法がありますが、結びつけたほうの髪が抜けるときに一緒に抜けてしまうので、コストパフォーマンスに問題があると思います。