買い替え時を知りたいのですが

ウィッグの耐用年数は、品質、使用頻度、扱い方などによって違ってきます。

高価なウィッグが次のような状態になってきたら、まずはメンテナンスサービスを行っているウィッグサロンに相談してみてください。

いきなり買い替えなくても、メンテナンスで改善できる場合があります。

 

・カールが落ちた。スタイルが崩れてきた。

→サロンでスタイリングし直してもらえます(料金は事前に確認)。

 

・少しずつ毛材が抜け落ちて、スカスカ感が出てきた。

→サロンで植毛してもらうことができます(料金は事前に確認)。

 

・ツヤがなくなってきた。

→ウィッグ専用のツヤ出しオイルを使ってみてください。

 

・毛先がチリチリして絡まっている。

→サロンで毛先をカットしてもらえます(料金は事前に確認)。

 

・毛材が抜け落ちて裏側のネットが見えてしまう。使い古し感がある。

→買い替えをおすすめします。

 

・自髪の脱毛が進んで、今まで使っていたパーツウィッグでカバーできなくなった。

→より広い範囲をカバーできるウィッグに買い替える必要あり。

 

■ウィッグを長持ちさせるコツ

 

・使わない時はスタンドに掛け、ホコリよけの布をかけておく。

(箱に入れたままにしておくと、スタイルが崩れてしまいます)

 

・とかす時は、専用ブラシを使って軽くとかす。空気が乾燥する季節は静電気防止スプレーを使う。

(ウィッグが傷む最大の原因は静電気と強い摩擦です。

特にセミロングやロングのウィッグは、コートの衿やストールとの摩擦で静電気が起きやすくなります)

 

・洗う時にお湯を使ったり、ドライヤーやアイロンを使ったりしない。

(「耐熱性」と書いてあっても、ドライヤーやアイロンの高熱はダメージになります。

また、人毛100%以外のウィッグは必ず自然乾燥させてください)

 

・使うたびにピンに毛が絡まっていないかチェックし、絡まっていたら外しておく。

(ピンに毛が絡んだままで使い続けると、強く絡んで取れなくなります。

その場合はハサミでカットしてください)

 

・日常的に使う場合は、2〜3個を使い回す。

(ふだん使いにする場合は、洗い替えという面でも複数が必要になります)